1. トップ
  2. ハウスメーカーコラム
  3. ローコスト住宅の建築期間は?規格住宅にまつわる「期間」の話

Column

ハウスメーカーコラム

ローコスト住宅の建築期間は?規格住宅にまつわる「期間」の話

ローコスト住宅のこと
ローコスト住宅の建築期間は?規格住宅にまつわる「期間」の話

コスモ建設です。いつも記事を見て下さってありがとうございます。

ローコスト住宅を建てるのにどのくらいの期間がかかるのか?フルオーダーの注文住宅とはどう違うのか?そんな疑問をお持ちではないですか?

「ローコスト住宅=規格住宅=決まってるからすごく早く建つ」と思われている人もいらっしゃるようです。

消費税増税のタイミングや、お子さんの入学や新学期に合わせて引っ越したいと思われているなら、いつから動けば間に合うのか建築期間は気になるところですね。

ローコスト住宅が建つのに必要な期間や、注文住宅の場合と比べてどのくらい違うのかについて、一般的な目安やコスモ建設のケースをご紹介していきます。

 

ローコスト住宅を建てるのに必要な目安期間ってどのくらい?

ローコスト住宅を建てるのに必要な期間は、ズバリ約3ヶ月。コスモ建設の場合も同じです。

ただしこれは、建物の設計や内装?外装などのプランが確定し、地鎮祭を終え、工事を着工してからの期間です。

打ち合わせや事前準備を含めると、だいたい3~4ヶ月を見ておけば大丈夫だと言われています。

注文住宅の場合は、これより少し長めの4~6ヶ月が目安です。
ローコスト住宅のような規格住宅は、建材の種類や建て方がパターン化されているため、大工さんもスムーズな工事を行えます。

フルオーダー住宅(注文住宅)の場合は初めての工事やイレギュラー対応になることが多いため、規格住宅に比べるとどうしても時間はかかってしまいます。

だからといって、ローコスト住宅が「手抜き工事」というわけでは決してありません。
あくまで、規格化されているから早いので、そこはご安心ください。

 

ローコスト住宅を建てる流れ。フルオーダーの場合と差はある?

一戸建て住宅を設計する

ローコスト住宅を建てる流れは、おおまかに以下のようになります。

1)規格住宅のプランの決定
2)図面の作成?お見積りの作成
3)ご契約
4)内装?外装プランの打ち合わせ
5)地鎮祭
6)着工
7)竣工

フルオーダーの場合も、実はほぼ同じような流れです。
詳しくは「夢の新築一戸建て!完成までの流れをわかりやすく説明します!」をご覧ください。

規格住宅でもフルオーダーでも、土地が見つかっていない場合は最初に土地探しが組み込まれます。

土地探しから入ると長い期間がかかってしまうこともありますが、土地探しから家が建つまでだいたい1~2年見ておくとよいでしょう。

では、規格住宅とフルオーダーで期間に差が出やすいのはどこか?というと、「図面の作成」「内装?外装プランの打ち合わせ」といった打ち合わせにかかる部分です。

規格住宅の場合は、間取りや外壁の種類、キッチンやトイレ、風呂などの仕様もあらかじめ決まっている要素が多いです。
そのため、打ち合わせがスムーズに進みやすく、回数自体も少なくできます。

フルオーダーの場合は、施主様のご希望に添うような間取りなどを考えつつ、建築のプロの目線でもご提案をさせていただくなど、施主様と建築会社の意見のすり合わせが非常に大切なプロセスになります。

そのため、じっくりとお話を聞かせていただくことも多く、確認事項も増えますので打ち合わせに時間がかかる傾向にあります。

個人差が大きいところですが「このような家をつくりたい」と希望がはっきりしていて、家づくりにおける優先順位、例えば「バリアフリーの家がいい」「家事動線のいい家にしたい」「トイレや洗面台は機能がシンプルな安いものでいいが、キッチンにはこだわりたい」など、どこに重きをおくかが決まっているとフルオーダーでもスムーズな打ち合わせができます。

逆に規格住宅であっても、仕様変更などであれこれと悩んでしまう場合は余計に時間がかかってしまいます。

規格住宅とフルオーダー、総合的に見れば工期そのものにさほど違いはありません。

「どんな家を建てたいのか」を念頭に、それぞれのメリット?デメリットをふまえて考えてみてください。

 

もう一つの期間「保証期間」のお話

住宅を建ててからハウスメーカーが責任を負う期間や保証内容の目安も、規格住宅とフルオーダーで違いがあるのか気になるところでしょう。

基本的に、住宅の保証期間は10年です。これはどの住宅でも変わりません。
その理由は、法律で10年保証を付けることが決まっているからです。

比較的、大手のハウスメーカーの場合は保証期間が20年、30年と長かったり、ハウスメーカー独自の保証が付いていたりすることもあります。

家の価格が同じでも保証期間が違うということはあるので「家の価格が高い」「注文住宅である」といった理由だけで保証期間が長くなるということはありません。

どこの業者に設計?建設を頼むか迷ったら、保証範囲や保証期間を比較してみるのも参考になりそうですね。

 

まとめ

ローコスト住宅を建てる目安期間は約3ヶ月。パターン化された規格住宅は効率良く作業が進められます。
フルオーダーの注文住宅は4~6ヶ月と言われています。

ただし、工法により短縮できる場合もあり、実際の工期としては規格住宅とさほど変わらないケースもあります。

家の計画から完成までの期間で見ると、1~2年かかることが多いです。

フルオーダーの場合、打ち合わせの回数が増える傾向にあるので、工期よりも計画段階での期間が長くなる可能性があります。

家が建つ期間を短くするポイントは、いかに打ち合わせをスムーズに進めるか。家づくりで重視するところや優先順位をはっきりさせておくといいですね。

家が建ったあとのアフターフォローの期間にも違いがあるのかという点については、ハウスメーカーによって異なり一概には言えません。
逆に「ローコストだから保証が短い」ということもありませんよ。

関連ページ


中文字幕人妻熟女人妻_james madison university_口工漫画全彩无遮漫画